がんを知るフォーラム 福岡では650人参加(毎日新聞)

 「がんを知る全国フォーラムin福岡」(毎日新聞社、アフラックなど主催)が6日、福岡市中央区のエルガーラホールで開かれ、ジャーナリストの鳥越俊太郎さんと東大病院放射線科の中川恵一准教授が講演した。満員の参加者約650人が熱心に聴き入った。

 自らもがん患者の鳥越さんは「がんからあきらめない」と題して、闘病体験をユーモアを交えて講演。「がんから逃げたら怖くなる。向き合った方がいい」と語った。

 中川准教授は「早期がんは9割が治る。予防と早期の発見・治療が大切。そのためにがん検診を定期的に受けて」と訴えた。

【関連ニュース】
山本病院事件:不要ながん治療や検査繰り返す 死亡患者に
病気腎移植:臨床研究2例目の手術開始 宇和島徳洲会病院
子宮頸がん:ワクチン接種公費助成 仁科亜季子さんが訴え
慢性疾患:生涯ローン…7割が「医療費重い」 東大調査
がんを知るフォーラム:横浜で700人が参加

【Web】奈良県民はネット犯罪に強い?(産経新聞)
クロマグロの禁輸阻止へ全力=農水相(時事通信)
<名古屋市>「緑地保存地域」導入へ、新年度にも指定(毎日新聞)
きょう午後に集中審議 自民は予算組み替え動議提出へ(産経新聞)
高齢者居住安定化モデル事業の選定事例を紹介(医療介護CBニュース)
[PR]
by mdp5wquk5k | 2010-03-07 17:33


<< <慰安婦訴訟>中国人女性の上告... 運転トラブルで暴行、死なせる=... >>