「5月決着」目指し協議へ=普天間移設で日米外相(時事通信)

 【オタワ時事】米国での日程を終えカナダ入りした岡田克也外相は29日夜(日本時間30日午前)、オタワ近郊のガティノーでクリントン米国務長官と会談する。外相は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の新たな移設先に関する日本側の検討状況を説明。5月末までの決着を目指し、米側の理解と協力を求める。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

最低視聴率を更新=NHK朝ドラ(時事通信)
2人目擁立、小沢氏の「党本部主導」に地元反発(読売新聞)
<さい帯血バンク>各地から窮状訴える声 国に支援要請へ(毎日新聞)
<足利事件>「捜査としては完敗」 DNA型鑑定の妄信自戒(毎日新聞)
<覚せい剤>使用罪の赤坂被告に懲役1年6月 千葉地裁判決(毎日新聞)
[PR]
by mdp5wquk5k | 2010-04-06 01:28


<< <上関原発>島民らの妨害を禁止... 国松元長官銃撃あす時効…根拠危... >>