「メール下さい」のノエビア元副社長、初公判(読売新聞)

 以前交際していた20歳代の女性とその夫に嫌がらせのメールを計112回送ったなどとして、ストーカー規制法違反と脅迫罪に問われた大手化粧品メーカー「ノエビア」元副社長で同社子会社「常盤薬品工業」元社長・大倉尚(ひさし)被告(43)の初公判が19日、神戸地裁(三宅康弘裁判官)であり、大倉被告は起訴事実に対する認否を留保した。

 弁護側は検察側に「起訴事実では、恋愛感情や怨恨(えんこん)の感情などを充足するためとされているが、どの感情なのか」と説明を求め、検察側は「いずれにも限定されない」と回答。弁護側は「検討したい」とし、認否は次回公判に持ち越された。

 起訴状によると、大倉被告は昨年10月2〜5日、女性に「最後はちゃんと会うと誓ったんだから、メール下さい」などのメールを51回送って脅すなどし、同10月9日〜11月19日には、女性の夫にも嫌がらせのメールを61回送信した、とされる。

<ISS>女性4飛行士の写真を公開 同時滞在の新記録(毎日新聞)
死者96人、初の2けた=飲酒運転の事故も大幅減−春の交通安全運動中・警察庁(時事通信)
簡易アンテナ無料で貸し出し=地デジ受信環境の確認用−総務省(時事通信)
14日も暴風、高波に警戒を=北海道と東北−気象庁(時事通信)
春姫道中 徳川義直の正室こし入れの様子を再現…名古屋(毎日新聞)
[PR]
by mdp5wquk5k | 2010-04-20 15:52


<< 【産科医解体新書】(84)塩分... 街開き43年“ふるさと化”なる... >>