「5月決着」目指し協議へ=普天間移設で日米外相(時事通信)

 【オタワ時事】米国での日程を終えカナダ入りした岡田克也外相は29日夜(日本時間30日午前)、オタワ近郊のガティノーでクリントン米国務長官と会談する。外相は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の新たな移設先に関する日本側の検討状況を説明。5月末までの決着を目指し、米側の理解と協力を求める。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

最低視聴率を更新=NHK朝ドラ(時事通信)
2人目擁立、小沢氏の「党本部主導」に地元反発(読売新聞)
<さい帯血バンク>各地から窮状訴える声 国に支援要請へ(毎日新聞)
<足利事件>「捜査としては完敗」 DNA型鑑定の妄信自戒(毎日新聞)
<覚せい剤>使用罪の赤坂被告に懲役1年6月 千葉地裁判決(毎日新聞)
[PR]
# by mdp5wquk5k | 2010-04-06 01:28

国松元長官銃撃あす時効…根拠危うい構図に固執(読売新聞)

 地下鉄サリン事件の10日後に起きた国松孝次・元警察庁長官銃撃事件は、30日午前0時に殺人未遂容疑の公訴時効を迎える。捜査はなぜ失敗したのか。警視庁公安部の極秘の「捜査報告書」や関係者の証言をもとに迷走の「15年」を検証する。

 ◆供述偏重◆

 「若い男がとてもハイな感じで笑い始め、他の2人も、顔を見合わせながら笑い出した」

 読売新聞が入手した国松元長官銃撃事件の「捜査報告書」(2003年10月作成)には、すでに死刑判決が確定したオウム真理教の元幹部と、仲間の男性2人についての記述がある。事件の3時間半後、この3人が、東京・六本木のホテルにチェックインした時のホテル従業員の証言だった。

 報告書はこれをもとに、3人が「異様な高揚感を漂わせていた」として、銃撃実行後の「高ぶった感情が表れた」と分析。さらに3人のうち、元幹部が事件当日未明に山梨県内の教団施設から都心に入っており、現場から約3キロのマンションでよく似た男が目撃されていたことから、事件の「指示役」と指摘した。

 そして報告書は、銃撃の「実行犯」は、元幹部とホテルに一緒に入った2人のうち1人だと結論付ける。現場近くの住民ら5人が目撃していたことが理由だった。しかし、5人の証言は「似ているようだ」などと、あいまいな内容で、「元幹部が指示役」「ホテルに一緒に入った男が実行犯」という構図は、確実な証拠や証言に支えられたものではなかった。

 それでも公安部は04年7月、警視庁の元巡査長(44)や、元幹部と一緒にいたとみられる教団の元信者ら3人を逮捕した。ところが逮捕の16日後、事件の「支援役」と見ていた元巡査長が、「撃ったのは自分かもしれない」と話し始めると、証拠や証言の矛盾が露呈。東京地検は「供述に信用性がない」として3人を不起訴にするしかなかった。

 ◆総監の執念◆

 報告書が描いた構図は、03年8月まで警視庁公安部長だった米村敏朗氏(58)も了承していた。

 その米村氏が08年8月、警察庁官房長から警視庁トップの警視総監に就任すると捜査は再び動き始めた。

 そして元巡査長の04年7月時点の「撃ったのは自分です」という供述を、「真実」と見る幹部が中心になって「実行犯は元巡査長」という新たな構図を描いた。

 靴やメガネなど元巡査長が95年当時に使っていた身の回りの品を新たに鑑定した結果、バリウム、アンチモン、鉛という火薬の成分を検出したことも、この構図を裏付けるかに見えた。

 しかし、火薬は警察官時代の訓練中に付着した可能性があり、「実行犯」の目撃証言は、元巡査長の容姿と大きく異なっていた。矛盾を埋める証拠がない中で、公安部は昨年10月、元巡査長の任意での事情聴取を始めたが、元巡査長は「撃っていない」と否定し続けた。

 検察当局には、一度、不起訴にした元巡査長の聴取を重ねる公安部に「人権意識を欠く」との厳しい見方があった。事件解決に執念を燃やした米村氏も今年1月、総監を勇退した。その後、捜査は事実上ストップし、公安部は未解決のまま時効を迎えるという道を選択せざるを得なかった。

 ◇国松孝次・元警察庁長官銃撃事件=1995年3月30日午前8時30分頃、当時の国松警察庁長官が東京・荒川区の自宅マンションを出た直後に銃撃され、瀕死(ひんし)の重傷を負った。オウム真理教は事件翌日、「警察庁長官撃たれる」と題するビラを配布。ビラには捜査中止を求める脅迫電話が報道機関にかかった時間など未公表の事実も記されていた。

新年度予算が参院で可決、成立(読売新聞)
運転見合わせ JR山手線など3線 立ち往生も(毎日新聞)
サリドマイドの処方期間、最大12週に延長(医療介護CBニュース)
「伯母死んだ」4回、ウソ忌引で県職員を処分(読売新聞)
規制改革分科会が初会合=鳩山政権で論議スタート(時事通信)
[PR]
# by mdp5wquk5k | 2010-04-01 06:09

里見女流名人CMデビュー!人気将棋漫画のCMで(スポーツ報知)

 将棋界のニューヒロイン、里見香奈女流名人・倉敷藤花(18)がテレビCMデビューすることが26日、分かった。羽海野チカの漫画「3月のライオン」(白泉社・ヤングアニマルで連載中)第4巻発売のCMで、発売日の4月9日限定で放送される。「3月―」は、プロ棋士が主人公の人気漫画。25日の女流名人位就位式で「女流名人として将棋の普及もしたい」と話していた18歳。早くもCM登場で話題を呼びそうだ。

 史上4人目の10代女流名人が、人気の将棋漫画のCMでお茶の間の話題をさらう。「3月のライオン」は、東京の下町でプロ棋士として孤独な生活を送る17歳の少年と3姉妹が織りなす物語。読めば読者一人一人が「何か」に気付く、心温まるストーリー展開が人気で、将棋ファンのみならず幅広い層から支持を得ている。

 オンエアは、発売日の4月9日限定。出演者は里見と、事前に公募したファンなど25人。それぞれ1人ずつが単行本を手に作品への思いをひと言語り、単行本をそっと置く。そしてまた次のCMでは、違う出演者が単行本を拾い違う場所で思いを語り…といった単行本がバトンのような役目になって、25種類のリレー式CMが流れていく。

 里見が、何番目にどの時間帯で登場するかは当日のお楽しみ。「プロになるということは、止まらない列車に飛び乗るようなものだ。もう二度と降りることはできない」という漫画の1シーンに「私も覚悟している」といった言葉をつぶやき、勝負師らしい表情を見せる内容。15秒のCMだが、収録は雨が降るなか屋外で行われ、ナレーションなども入れると3時間かかった。しかし、初のCM撮りにも終始笑顔だったという。

 しかもブレザーの制服姿で出演するというから見逃せない。女子高生棋士としてこれまで制服が“勝負服”だったが、今月5日に島根県大社高校を卒業。この春から制服を脱ぎ、スーツを勝負服に社会人として新スタートを切る。4月9日のCMは、まさに制服姿「見納め」ワンショットとなる。

 25日に行われた女流名人位の就位式では「棋力向上と、もっと勉強すること。普及活動もできたらいいな」と抱負を語った18歳。CMデビューで新しい一歩を踏みだし、さらなる飛躍を遂げる。

 ◆里見香奈アラカルト
??★生まれ 1992年3月2日、島根・出雲市 
??★記録 04年10月、12歳6か月の歴代4位の若さでプロ入り。08年11月、清水を破って倉敷藤花に。16歳8か月のタイトル獲得は史上3番目の若さ。09年1月、公式戦の新人王戦で稲葉陽四段に勝利。16歳10か月は、女流棋士の勝利では最年少
??★将棋 得意戦法は振り飛車。好きな駒は香車。師匠は森鶏二九段
??★意外なクセ 職業柄ソファーでもどこでも正座すること
??★マイブーム 体を鍛える。入浴前の腹筋、背筋の筋トレ
??★好きな芸能人 生瀬勝久、大泉洋
??★好きな食べ物 ウナギ

 【関連記事】
里見女流名人に米長将棋連盟会長がエール「男のタイトル取る気迫で」…就位式
久保が羽生破り初の王将獲得!2冠に…将棋王将戦
里見香奈 女流名人 倉敷藤花 を調べる

元団体役員に懲役7年=長女殺害で裁判員判決−奈良(時事通信)
<センバツ>初舞台、笑顔絶やさず 21世紀枠・山形中央(毎日新聞)
「コンビニ強盗やった」と供述=計4件か、包丁所持で逮捕の男−奈良県警(時事通信)
子ども手当法 成立 6月から支給(毎日新聞)
<郵政改革>鳩山首相「なお議論必要」、修正の可能性を示唆(毎日新聞)
[PR]
# by mdp5wquk5k | 2010-03-30 03:09

皇太子ご一家、長野でご静養(産経新聞)

 皇太子ご一家は24日午後、静養のため新幹線で長野県入りされた。1週間ほど県内に滞在される。JR長野駅に到着したご夫妻と長女の愛子さまは、午後1時10分ごろ、駅頭に姿を見せられた。雨が降る中、ご夫妻は傘を片手に集まった人々に手を振って応えられた。愛子さまも会釈をした後、迎えの車に乗り込まれた。

【関連記事】
両陛下と皇太子一家、愛子さま交え昼食会
愛子さま欠席で学習院に抗議電話 乱暴児童を非難
「心を痛めています」 愛子さま欠席で皇太子ご夫妻
愛子さま、終業式の日にご登校
皇太子さまがガーナ、ケニア訪問からご帰国
医療最前線 ドラッグ・ラグの行方

英社ワクチンの3割解約=新型インフル、257億円分−厚労省(時事通信)
<明石歩道橋事故>遺族「補充捜査を」 要望書を提出(毎日新聞)
姫路の工事現場で爆発、1人生き埋め?けが人も(読売新聞)
普天間移設、政府2案を与党・沖縄県に提示(読売新聞)
<東武ワールドスクウェア>ミニでものっぽ「スカイツリー」(毎日新聞)
[PR]
# by mdp5wquk5k | 2010-03-27 18:27

北方四島のビザなし交流に入港税「受け入れは困難」 政府答弁書(産経新聞)

 政府は23日の閣議で、「ビザなし交流」で北方四島を訪れる日本船に対し、ロシア側が入港税の納付を事実上、要請した問題に関し、「わが国の法的立場にかんがみ、受け入れることは困難である」とする答弁書を決定した。鈴木宗男衆院議員の質問主意書に答えた。

【関連記事】
ビザなし交流で露側が対話集会不参加を通告 「領土議論疲れた」
北方領土で入港税要求 ロシア、主権の既成事実化狙う
北方領土「訴え続ければ四島返還」 前原国交相、功労者表彰式で
【佐藤優の地球を斬る】銃撃許した外交の不作為
【国際情勢分析】ロシアで報じられた「北方領土の日」
20年後、日本はありますか?

オウム破産手続き終了1年、賠償継続進まず(読売新聞)
<厚労省調査>2人目以降の出生、夫の育児時間長いほど増加(毎日新聞)
屋上から隣のビルに2・5メートルをジャンプ 建造物侵入容疑で男を逮捕(産経新聞)
スタチン系6成分などの添付文書改訂を指示―厚労省(医療介護CBニュース)
北方四島のビザなし交流に入港税「受け入れは困難」 政府答弁書(産経新聞)
[PR]
# by mdp5wquk5k | 2010-03-26 11:53